NEWライフスタイル・ヘルメット

●2010年に正式デビューしたフランスのNEWブランド URGE bike products(アージュ・バイク・プロダクツ)。
Sunnやコメンサルのブランドイメージを作ったといっても過言ではないフランス自転車界の伝説的デザイナー、ズーバブが20年前から暖め続けていたというヘルメットです。
URGEは、俗に言う「頭にキノコが乗っている」ようなヘルメットではありません。かと言って、流線型でもない、今までに無い、斬新でシンプルでオシャレなデザインを創り出し、DHの世界チャンピオン、ファビアン・バレルのアドバイスによって機能性も熟成し、完成しました。フリーライド、クロスカントリー、BMX・・・などスポーツユースはもちろん、街乗りや、通勤・通学にも、違和感なく身につけられるデザインです。しかも業界トップクラスの軽さ で、まるで帽子をかぶっているかのような感覚の軽さです。また、環境に配慮し、リサイクル可能で有害廃棄物にならない、世界初、植物の繊維で作られた新素材ヘルメット(カーボンと同じくらい軽くて丈夫! )も独自で開発し発売。

URGE BIKE PRODUCTS
フランス本国のサイト
http://www.urgebike.com/

南仏、Zoobab自宅のワインセラーにてオリジナリティ豊かな「型」を切削する
南仏、Zoobab自宅のワインセラーにてオリジナリティ豊かな「型」を切削する

デザイナー(Zoobab)

ズーバブは18歳の頃からsunnのグラフィック・デザイナーであり、彼自身もBMXのライダーだった。sunn、Cmmencalの頃からデザイナーとしてのキャリアは有名。 南仏プロヴァンスの自宅か、海辺でサーフ&キャンプ生活を送る。携帯電話も腕時計も持たない。自然豊かな環境のスローライフの中から、インスピレーションが沸くのだという。 

2019 Trailhead (トレイルヘッド) 9,800円(税別)

エントリーモデル並みの価格で新登場!

 

Trailhead トレイルヘッド

重量 : 288g

サイズ : S/M(52〜58cm)、L/XL(58〜62cm)

カラー : マットブラック、マットグリーン、マットホワイト、マットグレー

2019 SERIALL(シリオール) 12,900円(税別)

 

バイザーを外してロードバイク風のヘルメットとしても使えます!

 

Serial (シリオール)

重量 : 325g

サイズ : S/M、L/XL・・の2サイズ

 カラー : マットグレー、マットレッド、マットブラック、マットブルー

2018 Supatrail (スパトレイル) 16,900〜17,900円(税込)

SupAstail (スパトレイル)

重量 : 268g

16,900円(税別)ソフトバイザー

17,900円(税別)ハードバイザー

サイズ :

S/Mサイズ・・・53〜57cm

L/XLサイズ・・・57cm〜59cm

XL/XXLサイズ・・・59〜63cm

2018 Endur-o-Matic2  21,000〜23,900(税込)

EnduroMatic 2(エンデューロマティック2) 

重量 : 349g

サイズ : S/M(53〜57cm)、L/XL(57〜59cm)・・の2サイズ

カラー : ブルー(ハードバイザー)、ホワイト(ハードバイザー)

ピンク、グリーン、マットブラック、グレー、ブラック、レッド、

トリコロール(MIPS)

 

リピーターキャンペーン実施中!

14900円(税別)

 

Supacross(スパクロス)、XXLサイズもあり!

SupAcross (スパクロス)

 

重量 : 267g

16,900円(税別) 

※JCF公認ヘルメット

※バイザーは付属していません

リピーターキャンペーン実施中!

13900円(税別)

2018 TourAir (ツールエアー) 9,800円(税別) NEW

ロードバイク、グラベル、XCレースなどにおすすめのデザインです。

価格もお値打ち!

 

TourAir ツールエアー

重量 : 253g

サイズ : S/M(54〜58cm)、L/XL(58〜62cm) の2サイズ

カラー : ブラック、イエロー、レッド、ライムグリーン

 

2018 All-in(オール・イン) 8,000円(税別)

お値打ちでカッコいいDJ&フリースタイルのヘルメット!

 

ALL-IN(オール・イン)

重量 : 445g

サイズ : XS/S M/L L/XL・・の3サイズ

カラー : ブルー、ブラック、オレンジ、グリーン

 

Actikid (アクティキッド) キッズ用 6,000円(税別)

ACTIKID(アクティキッド)

サイズF(幼児サイズ)

2018 Down-o-Matic RR(ダウン・オ・マティックRR) 42,900円(税別)

新製品

Down-o-Matic RR 

重量 : 1050g

サイズ : XS, S, M, L, XL・・の5サイズ

※サイズ、カラーによっては受注発注となります。

2016 Down-o-matic (ダウン・オ・マティック) 30,000円(税別)

2016

DOWN-O-MATIC (ダウンオマティック)

30,000円〜33,000円(税別)

サイズ S/M   L/XL

ダウンヒル、ダートジャンプ、BMX、エンデューロ etc.

2016

ARCHI ENDURO (アーキエンデューロ)

30,000円〜33,000円(税別)

サイズ S/M   L/XL

用途 : エンデューロ、ダウンヒル、ダートジャンプ、BMX etc.

2018 DRIFT (ドリフト) 15,900円(税別)

フルフェイスがお求めやすくなりました!

 

DRIFT(ドリフト)

XS、S、M、L、XL・・の5サイズ

頭が大きい方はXLサイズがおススメです

XS、Sサイズなら、小さいお子さまにもかぶれます!

 

用途 : ダウンヒル、BMX、ダートジャンプ、エンデューロ etc.

15900円(税別)

Real Jet (リアルジェット) 30,000円(税別)

REAL JET (リアルジェット)

30,000円(税別)

BMXやダートジャンプに、オールドスクールなスタイルで!!

 

サイズ S/M   L/XL

用途 : ダートジャンプ、エンデューロ、BMX、フリーライド etc.

2009年、怪我を克服してワールドカップ#5戦で優勝を果たしたファビアン・バレル
2009年、怪我を克服してワールドカップ#5戦で優勝を果たしたファビアン・バレル

テストライダー(Fabien Barel)

 

ヘルメットの開発にあたって重要な役割を担ってきたのは、長い間DHの世界チャンピオンに君臨してきたファビアン・バレル。ワールドカップやトレーニングに日々URGEのヘルメットを使用し、何年もかけて綿密な改良を施してきました。グラフィックだけでなく機能性も熟成し、2010年ブランドデビュー。

エンデューロ・マティック、ダウン・オ・マティック共に、業界トップクラスの軽さと 他のどのメーカーとも似ても似つかない斬新なデザイン、そしてどこかレトロな「味」を持った、個性的なヘルメットが誕生しました。


ファビアンたちの理想のヘルメットは、まず最高の安全性、と同時に快適性と美しさを兼ね備えていて、走っている時につけている感じがしないもの。 製品の安全性は、規格化のためにラボで検証されます。ファビアンは、製品の仕上がりに重要なディテールである快適性やヘルメットの人間工学、マスクやゴーグルの位置や通気性、バイザーのFlex Systemといったような新テクノロジーの評価と開発に深く携わっています。

 

「僕達は、使ってくれる人のために細かいディテールまで考慮された製品の構想を練る、本物の意思を持っているんだ。」(ファビアン)

 

 

元フランスのBMXチャンピオン
元フランスのBMXチャンピオン

ズーバブの周りには、ファビアンだけでなく、現役トップライダーや、元フランスのナショナルチャンピオンなど、sunn時代からの有名な仲間やライダーたちがたくさんいます。彼らも隠れたURGEのアドバイザー(テストライダー)であることは言うまでもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

植物の繊維でできた超軽量ヘルメット
植物の繊維でできた超軽量ヘルメット

環境に配慮し、リサイクル可能で有害廃棄物にならない、世界初、植物の繊維で作られた新素材ヘルメット(カーボンと同じくらい軽くて丈夫! )をURGE独自で開発。2012年春、世界初の発売です。

1% for the planet
1% for the planet

世界中の1000社以上からなるネットワーク組織で、売り上げの1%以上を、承認された環境保護団体に寄付する非営利団体です。企業の環境活動への支援を促進させ、社会全体で環境問題への解決策を見出していこうという目的で設立されました。URGEはこの活動に賛同し、メンバーの一員としてヘルメットの売上げの1%を寄付しています。

 

Fred GLO(左)、イヴォン・シュナイダー(右)
Fred GLO(左)、イヴォン・シュナイダー(右)

正規取扱店でのご購入をお願いします

『Urgeヘルメットは、国内正規ルートでご購入下さい。』

ここのところ世間ではネット通販で格安の商品が出回っておりますが、並行輸入品や、弊社の取扱店リストに無いショップからのご購入には、くれぐれも注意ください。

正規ルートで輸入されたヘルメットは品質も国内外の保安基準に即したものとなっております。スパクロスにおいては、JCF(日本自転車競技連盟)の公認認定を受けております。これらの公認認定も品質基準も、並行輸入品に関してはその限りではございません。万一、並行輸入品をご使用になり、問題が起きても、保証いたしませんので予めご了承ください。


弊社のサポートするチーム、Urge Japanチームは、国内の各ライダーがそれぞれにMTBのリスクを知り、それぞれからのフィードバックを、正規代理店であるサローネ・デルモンテへボトムアップしています。そして、日本国内の法令に基づき『ヨーロッパの厳しい安全規格 CE1078 をクリア』という文脈にてギャランティを付帯し正規店にて販売しています。つまり、国内法の手の届かない海外からの並行輸入品などには、仮に同じような製品であったとしても、国内での品質保証など一切付帯されませんから、何があっても自己責任という形で着地するしかありません。命を守るヘルメットが、国内での品質保証無しというのは如何なものでしょうか?
古屋選手や野間選手が傾倒している、ダートジャンプや、佐々木選手、醍醐選手、近持選手のダウンヒル競技は相当に危険を伴う競技で、フルフェイスヘルメットの安全性がどれ程のものかを身を持って知らされます。想像してみてください、今のユリスパークでは、信号機くらいの高さまでジャンプし、体制を崩せばその高さから落下します。その衝撃たるやかなりのもので、チームメンバーやローカルメンバーたちは、誰もがフルフェイス無しにユリスパークで乗ることはしません。

国内では、滞空時間の量から、面白さや自由度は相当に高いジャンプですが、リスクもそれなりに思い知らされます。日本人で唯一と言っても良い、カナダでのスロープスタイル大会に出場している野間選手が、Urgeチームの顔としてダントツに高いジャンプや競技に挑戦していますが、彼が使用しているヘルメットが国内正規品のDown-o-Maticヘルメットです。

オークションサイトなどでもヘルメット販売のサイトを拝見しますが、正規品か否かを良くご覧になりご検討下さい。安いだけで飛び付いてしまうと、それなりのリスクも伴いますのでご注意頂きたく思います。